» 眼精疲労のブログ記事

筋金入りの肩こり症

| 肩こり |

私の肩こりは筋金入りです!

なんと小学生のころから鍼灸院に通っていました。

両親ともに肩こりが酷いので遺伝でしょうか。

常に肩がこっている状態で、酷いときには頭痛や吐き気もして泣きたくなります。

そんな体質に加えてデザインの仕事にしており、
一日中パソコンの前で座って作業していています。

これも肩こりを悪化させているみたいです。

疲れてくると眼精疲労からますます肩がガチガチに・・・。

最近では肩こりだけではなく腰痛や腱鞘炎にも悩まされています。

解消のために定期的に鍼灸院に通っています。

鍼の種類にもこだわりがあり、電気鍼ではなく長い鍼でツボを刺激するのが一番効きます。

頑固な肩こりにはやはり鍼治療が一番だと思います。

最近マッサージだけのリラクゼーションのお店が多いですが
マッサージは一時気持ちいいだけで効いた気がしないんですよね。

自宅ではストレッチやお灸をしています。

中でもストレッチポールがおすすめです。

デスクワークでこわばった体がほぐれて気持ちいい!
仕事の合間にしています。

私が子供のころにクリーニング屋をやっていた父が「肩がこってしょうがない」と言っていました。

子供の私にはその意味がよく理解できませんでした。

子供でまだ肩凝りの経験がなかったからでした。

自分には無関係の世界の話だと思っていたんですね。

でも商業高校で簿記の資格を取った私は大手の化学メーカーの本社の経理の仕事についてから肩凝りになるようになってしまったのでした。

その会社では残業が当たり前のようにありました。

18歳という若さなのに、肩凝りに悩むとは夢にも思っていませんでした。

肩凝りで夜に眠れないこともありました。
肩が痛くて眠れなくなったのです。

結婚して会社をやめましたが、派遣社員で経理の仕事をやるうちは肩凝りからは開放されませんでした。

パソコンで作業すると眼精疲労による肩凝りになるようになりました。

近所の接骨院でマッサージを受けることもありました。

去年から専業主婦になってからは、肩凝りがなくてラッキーです。